2015年02月08日

アナと雪の女王 Frozen [7]


" Anna: Hey!" 〜 " Hans: Oh, no."
スクリーンショット (405).png


アナと雪の女王 Frozen [1]へ

こちらを使用しています。
35afb607.jpgアナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
[クリックして購入画面へ]

*DVDとブルーレイが別売りのものはありませんが、ディスクを増やすことにコストはほぼかからないので他の別売りのDVDを購入するのと値段に差はありません。
言語: 英語, 日本語
字幕: 日本語, 英語
出演: Kristen Bell, Idina Menzel, Jonathan Groff, Josh Gad
監督: Chris Buck, Jennifer Lee
リージョンコード: ブルーレイA、DVD1 (日本プレーヤーで再生可)
販売元: ウォルトディズニージャパン株式会社


単語・熟語・表現一覧の使い方
スクリーンショット (328).png

わからない単語の意味だけを表示できるので見やすく、さらに単語テストをすることもできます。
スクリプトを読む前に単語/熟語/表現に目を通しておけば、スクリプトをすらすらと読むことが可能です。


単語 [(v)動詞 (n)名詞 (adj)形容詞 (adv)副詞]
(adj) hurt
(adv) actually
(n) a prince
(adj) southern
(n) an isle
(adj) awkward
(adj) gorgeous
(adv) formally
(v) hit〜
(n) a horse
(n) a moment
(v) mean
(n) a bell
(n) coronation



熟語
would like to V原型
apologize for〜



表現
Are you sure?
thank goodness
My Lady.
Oh, boy!
you know(↴)
lucky you



発音 (発音ルール/省略の起こる単語一覧はこちらから)
I’d=I would
you’d=you had
‘Cause=Because


不規則動詞
hit-hit-hit


スクリプトの使い方

青文字の単語/熟語/表現はこの上に一覧が、下線部の文法の解説はスクリプト下で確認することができます。

スクリーンショット (327).png

*スクリプト上で表示される意味は上の一覧にあるものよりも短縮されている場合があります。
*動詞(v)の訳は原型の訳になっています。(例:過去分詞takenであっても"取られた"ではなく"(v)〜を取る"と表示されます。)


スクリプト Script
Anna: Hey!

Hans: I'm so sorry. Are you hurt?

Anna: Hey. Uh...no. No. I'm...I'm okay.

Hans: Are you sure?

Anna: Yeah, I...I just wasn't looking where I was going. But I'm great, actually.

Hans: Oh, thank goodness.

Hans: Oh. Uh...Prince Hans of the Southern Isles.

Anna: Princess Anna of Arendelle.

Hans: Princess? My Lady.

Anna: Wooh!

Hans: Um...

Anna: Hi...again.

Hans: Oh, boy!

Anna: This is awkward.

Hans: Uh...

Anna: Not you're awkward, but just because we're...I'm awkward.

Anna: You're gorgeous. Wait, what?

Hans: I'd like to formally apologize for hitting the Princess of Arendelle with my horse...and for every moment after.

Anna: No. No, no. It's fine. I'm not that Princess. I mean, if you'd hit my sister Elsa, it would be... yeash! ‘Cause, you know...

Anna: Hello.

Anna: But, lucky you, it's...it's just me.

Hans: Just you?

Anna: The bells. The coronation. I... I...I better go. I have to go. I better go. Uh...

Anna: Bye!

Hans: Oh, no.



文法
・中級
where I was going 名詞節 “私が行くところ”(時制の一致で過去形)

・上級
if you’d(you had) hit my sister Elsa, it would be… yeash!  仮定法 “もしあなたが姉のエルサにぶつかってたら、うぅ!(ぞっとしたときの声)" ×"if you hit my sister Elsa, it is… yeash."

I better go. “would/had better V原型”(〜したほうがいい)のwould/had省略

学んだ英語を実際に使ってみませんか?




リンク先でその他の使える英語ブログを見ることができます。


<<アナと雪の女王 Frozen [6]

アナと雪の女王 Frozen の目次はこちら


posted by englishlearner at 17:00| アナと雪の女王 Frozen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。